えんぴつの芯はどうやって作られるの?

  まず、黒鉛と粘土に水をくわえて、よくかきまわして混ぜます。

次に、黒鉛と粘土と水が混ざった材料を、水鉄砲と同じ仕組み
で押し出して、細い芯にします。

そして、長さを切りそろえて、コロコロまわしながら乾かします。

それから、芯を1000度くらいの高い温度で約一昼夜かけて焼
くと、硬くなります。

硬くなった芯に油を染み込ませます。 こうすることで、なめら
かに書けるようになり、折れにくくなります。 

これで芯は完成です。





   えんぴつ Q&A
  えんぴつの芯は何でできているの?
  えんぴつの芯はどうやって作られているの?
  えんぴつで使われている木は何の木なの? 
  えんぴつの硬度は何種類あるの?
  マークシートの解答用紙は、どのように読み取られるの?
  日本で最初にえんぴつを使ったのは、誰なの?
  どうして、えんぴつで字を書けるの?
  どうして、消しゴムで消せるの?





鉛筆

鉛筆博士
発明者:えんぴつ博士
 ご購入お申し込み
会社概要
特定商取引法に基づく表記
当サイトに関する一般条項
トップページに戻る
リンク集 リンク集2 リンク集3
リンク集4 リンク集5 リンク集6
リンク集7 リンク集8 リンク集9